祝パルムドール・ハレの日のファッション分析

 ファッション偏愛な私は
芸能人やタレントのパーティファッションや
私服ファッションは特に
食い入るように見てしまいます。

 

 
 

 

先日 目に留まったのは
女優の安藤サクラさん、
確かレッドカーペット歩いてたファッション。

 

 
 

 

目の覚めるような
マゼンダピンクのブラウス。
 

 

服に負けないように
いつもよりかなり濃いめなメイク。
 

 

これ
ナチュラルメイクにしてしまうと大NG。

 

 

彼女の薄め作りな顏には
濃いめメイクが大正解です。

 

 

素材といい形といい
かなり華やかで目立つブラウスに
更にキラキラで赤系のイヤリングを
プラスしている
ハレの場のコーディネート。

 

 

庶民的な役柄や
個性の強い印象がありつつ
美形な印象が薄い
サクラさんには

 

 

この強烈に華やかな色と
シンプル可愛いブラウスの形が
良い風にアンバランス。

 

 

それが 上質な服だから センス良く
上品に決まる。

 

 

個性が放つ雰囲気と
ハレの場に相応しい装い。

 

 

このスタイリングの場合、
例えば

 

 

 美人のかたまりみたいな
鈴木京香さんが着てらしたら
全く180℃印象が変わります。

 

 

似合うけど、
似合いすぎてしまってオシャレ度が下がる。

 

 

美形すぎる人が完璧すぎる故の

 

 

正しすぎてクドい。
狙いすぎてお腹いっぱい。

 

 

みたいな雰囲気がでてしまう、、、
この感じ、伝わるかしら???

 

 

間違えて無いけど
なぜかダサくなる。
憧れない。

 

 

例えば
私がやってること全部 正しいでしょ‼って
自信満々に言われたら
ちょいと うっとおしく感じない?

 

 

全部 正解だと、なんか つまんない。。。

 

 

面白味に欠ける。
雰囲気が出ない。

 

 

気品が溢れない、のですよ。

 

 

どっかに遊びゴコロや
ハズシた感じがある方が
その人らしさや
本来の良さが
自然な雰囲気として
周りに伝わるものです。

 

 

 その境地に立つには、

 

 

 自分のキャラクターを知ってこそ‼

 

 

ファッションが味方になってくれるのです(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 

仕事もプライベートも
本来の自分らしさを ちゃんと発信しないと
周りには伝わらない。

 

 

あなたの発信は外見から無言で伝わっています。

 

 

本当の意味で
人生を自分らしく生きるために
ファッションを意識してみましょうね。

 

 
 

 

…とこの記事を書いていたら
なんと、パルムドールを受賞されたようです。
是枝監督 【 万引き家族 】
素晴らしい‼
おめでとうございます‼
※画像お借りしました。
 きっと暫く報道が過熱するでしょうから、
ぜひ、みなさん、
安藤サクラさんのハレの日の装いを
ご覧になってみて下さいね^ ^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です